トップページ > 調査手法 > 張り込みする

調査手法

張り込みの方法

張り込みは探偵にとって最も重要な調査手法であり、様々な調査現場で多用するのですが、「そこに何時間もいる」ことは想像以上に難しく、場合によっては警察に通報されたりして撤退せざるを得ない状況になることもあります。

ただし、配偶者以外の他人に対し張り込み待ち伏せする行為は各種法令に抵触し規制の対象となります。配偶者や家族以外には決して行わないようご注意下さい。また、張り込み目的で許可なく他の敷地に入ることも違法行為となるため決して行わないようご注意下さい。

車で張り込む

車の内で張り込めば周囲に目立たず風景に溶け込むことができるため、最も多用される張り込みの手段であるといえます。実際、探偵に限らず警察などの捜査機関や借金回収でもよく使われています。

ただし車での張り込みを行う場合には周囲の状況などをあらかじめ知っておくべき下記のような事柄があります。

  • 駐車を予定している道路は駐車禁止区域ではないか
  • 道幅がどのくらいあるか
  • 交通量はどのくらいあるか
  • 周囲の住民の様子
  • 付近の警察署、交番の位置

これらをあらかじめ知っておくことで車での張り込みの可否を考えることができ、失敗するリスクを軽減することができます。

また、車を停める際にも注意する事柄があります。

  • 対象の動く方向に車の頭を向けているか
  • 対象が徒歩移動の場合に車を停めておく駐車場が近くにあるか
  • 車内に人がいることが見えないよう窓にスモークやカーテンが掛けられているか
  • 車内からの視界が確保できているか

立ちんぼで張り込む

立ちんぼとは路上に立ったまま対象を張り込むことを指します。狭い路地などの張り込みでは車を用いるわけにはいかず、自分の身をさらした状態で張り込みを行う必要があります。それゆえ周囲に目立ってしまい、立ちんぼを行うにあたっては「そこにいる理由を作る」必要があります。

立ちんぼを行うには次のような方法を使います。

  • 近くに喫茶店などがある場合は視界が確保されているか確認した上で利用する
  • 知り合いの建物が近くにある場合には許可を得たうえで利用する
  • 公共の建物で特に入館にあたり使用許可等を必要としない場合には利用する

立ちんぼは周囲の空気を読むことが重要となります。近所の住人がこちらを気にして2・3回見るようになったら直ちに移動するなど、その場で臨機応変に立ち振る舞わなければなりません。

嫌がらせ調査 お問合せ