トップページ > 調査手法 > 携帯電話を調べる

調査手法

携帯電話を調べる

携帯電話は今や人と人を結びつける大切なコミュニケーションの手段となりました。携帯電話を見ることで対象者の交友関係や人間関係、または秘めた思いや何を隠そうとしているかまで、対象に関する多くの事が一目で確認する事ができます。

ただし、他人の携帯電話を勝手に見る行為は各種法令に抵触し規制の対象となります。配偶者や家族であってもご注意下さい。

証拠の押え方

携帯に残っている様々な証拠を押え保管しておく際に一つ大切な事があります。特にメールの文章や画像は一度他の情報端末に移動して保管した場合、証拠としての能力が低下する恐れがあります。と言うのは文章や画像などは簡単に偽造できるため、その疑いをかけられる可能性があるためです。

保管の仕方のポイントは、証拠の文章や画像を表示した相手の携帯そのものをカメラで撮影するという事です。相手の携帯に表示された内容は第三者の手を経由されておらず偽造されている可能性が低いと判断されるため、証拠としての能力が高いと言えるのです。

また、その際にもう一つ重要な点は、撮影した携帯が対象のものであるという証明になる画像も撮っておかなければならないという点です。やりかたは簡単で、携帯のプロフィール画面を展開してその携帯の電話番号を撮影する事で証明する事ができます。

        

持っている携帯の数

対象が普段持ち歩いている携帯以外にも携帯を持っている可能性を考えたことはありますか?

最近では低料金プランや通話が無料の新しい携帯会社の参入もあり、料金的負担が少ない事から2台目を考える方が多くいらっしゃいます。対象が持ち歩いている携帯を調べて満足しているだけでは浮気を見逃している可能性もあり、2台目の携帯を持っているかは調べておく必要があると言えます。

調べ方は簡単で、対象者が決済に使っている銀行口座の引き落とし履歴を見ることで確認できます。ただし、この確認方法では2台めが他社携帯であれば確認はできますが、2台めが同じ会社の携帯なら一括で引き落とされるため確認はできません。そういった場合はその携帯会社に直接電話して「今月の明細書が届いていない」などと話して明細書を送ってもらいましょう。対象者と家族であれば携帯会社も融通を利かせて送ってくれることもあります。

なお、会社で支給されている携帯などは外部から調べることが不可能なため、直接携帯を調べる以外に手立てはありません。

着信履歴・送受信アドレス履歴

大抵の対象者は浮気相手の着信履歴やアドレス履歴をすぐ消去してしまうため、単に履歴を見ただけでは得るものはありません。見るべきところは着信が何件着ているかを示す件数です。

多くの携帯は履歴として残るのは30件までなのですが、浮気相手との履歴がある場合はそれを消すため23件や19件などと中途半端な数になってしまいます。対象の携帯を調べて半端な数の履歴件数であった場合、浮気をしている可能性が高くなります。

電話帳

最近では浮気相手のデータを電話帳に直接入れている無用心な方は少なくなり、色々と小細工している方が多くなりました。簡単な偽装では浮気相手の女性の名前を男性風に変えてしまったり企業名に変えておくなどがあり、これら少し叩けばすぐにホコリがでる古典的な細工です。

偽装の強者になると電話帳には登録をせず、文章を作る際の貼り付け機能の中にアドレスを隠し持っている方もいらっしゃいました。また、携帯に挿入するSDカードなどの記録メディアの中も浮気相手のデータを隠し持っている可能性があり、チェックが必要です。

メールボックス振り分け設定

浮気相手とのメールを消去する時、他のメールと混じって消し忘れが無いように浮気専用のメールフォルダを作るケースがあります。届いたメールを選別して各メールフォルダに振り分けるのが「メールボックス振り分け設定」なのですが、この設定を確認すればどの人間が特別扱いされているかが一目瞭然だと言えます。

画像

対象の中には不用意に携帯のカメラで浮気相手との親密な様子や性交の様子を記録している方がいます。画像はそのまま画像フォルダに保存していればすぐにばれてしまうため、SDカードに保管したり自宅パソコンに画像データを送信するなどの工作を行います。SDカードの確認はもちろんのこと、自宅パソコンへの不審な送信メールもチェックが必要です。

着メロ

着メロは人の音楽の好みが反映されているため、普段よく聞く曲とダウンロードした曲は関連性が本来はあります。普段その人が興味を示さないジャンルの曲がダウンロードされていて、しかもその曲が誰か特定の人間の着メロに指定されていたら、その人間が特別扱いされていることがよく判ります。

お問合せ