トップページ > 調査手法 > 証拠の収集

調査手法

証拠の収集

探偵は証拠を収集する時もっとも気を使います。証拠を掴むには対象に接近することになるため、相手にばれる危険性があるのです。また依頼者は証拠を元に、相手と示談交渉をする・警察に告訴をする・裁判所に訴訟を起こすなどの行動を起こすため、各々の目的に合わせた証拠能力があるものを獲得しなければならないのです。

ただし、証拠の収集の過程において違法な手段で収集した場合には、証拠能力が無くなるばかりか刑事責任を問われる場合もありますのでご注意下さい。

「証拠能力」のある浮気の証拠とは

証拠1 配偶者と不倫相手の手紙

不倫相手との手紙の内容だけでは、なっても状況証拠がいい所で直接的な証拠にはなりません。それは「配偶者の性交の存在を確認できる、もしくは推認できる証拠」としてはあまりに根拠が薄いためです。「愛している」「またHしようね」といった文章があったとしても「冗談だ」「擬似恋愛だ」と言われてしまえばそれ以上は追求できないのです。

証拠2 配偶者と不倫相手のメール

メールに関してもやはり手紙と同様に根拠が薄いと判断されます。またメールの場合は手紙のように筆跡や指紋が残らないため偽造されている可能性もあり、最近では誰から送られたかも偽造できるようになっています。メールもやはり良くて状況証拠止まりだと考えられます。

証拠3 配偶者と不倫相手の電話の盗聴

状況によっては盗聴が犯罪になる事もあり、裁判で証拠として採用されないばかりか相手に刑事告訴される可能性もあります。また技術的な面でも素人が行った場合、発覚する恐れがあるのであまりお勧めできない証拠収集だといえます。

証拠4 配偶者と不倫相手のデート写真

配偶者が隠し持っていた不倫相手とのデート写真は直接的な証拠にはなりません。やはり不貞行為を立証するうえで一番大切なのは「性交を確認・推察できる証拠」であり、デート写真だけでは交際だけだとみなされてしまいます。

証拠5 配偶者と不倫相手の性交時の写真

最近では特に携帯のカメラで性交の様子を記録している場合が多くあります。この場合は明らかな不貞行為と判断されるため有力な証拠となります。ただしその際に大切なのはただ単に抱き合っているのではなく裸の状態で抱き合っているということです。裸の二人が同じフレーム内に入っていればもう言い訳は出来ません。

証拠6 配偶者と不倫相手の目撃情報

友人などが不倫現場を目撃した場合は証拠となるか微妙な判断となります。ただ単にデートしているだけなら証拠にはなりませんが、ホテルに入る姿を目撃した場合は状況次第では有力な証拠となりえます。しかしそれには細かな確認が必要となるため各ケースごとに弁護士への相談が必要となります。

証拠7 配偶者と不倫相手の調査を探偵に依頼した

探偵は裁判で有力な証拠となりえる物を熟知しているため、非常に効果的な証拠収集活動が期待されます。一番の証拠となるホテルへ出入りする姿を探偵は狙います。これは個人でやろうとしても上手く行くものではなくプロへの依頼が必要となります。


「証拠能力」のあるいじめの証拠とは

証拠1 文章の記録を残す

いじめ記録ノートを作り、日時、場所、相手、被害の内容、同席者、本人の状態、を克明に記録します。また、中期、長期的ないじめによる子供の体調や精神状態の変化も記録します。その際に曖昧な表現や誇張された表現は使わず、客観的に見た事実をそのままに書き込む事で記録ノートの信憑性があがります。

証拠2 証拠の現物の保管

汚されたり壊された物を現物で残しておき、時間が経つと棄損するような証拠は写真撮影し摘録しておきます。記録は写真だけでなく具体的な状況説明をしたメモを添付する事で証拠の信憑性が挙がります。

証拠3 病院の診断書

怪我をした場合は、被害の程度に限らず病院の診断書を取り領収書を取りましょう。医師に対しても具体的にどのような暴行を受けたかを説明し、怪我の原因となった暴行についても診断書に書いてもらいましょう。

証拠4 周囲の証言

同級生・先生・医師などから証言を引き出すのですが、先生はいじめが存在した事を認めることは絶対に無いため非常に難しいと言えます。また同級生もどこのポジションにいる生徒かを見ないで聞き出すと、その事をいじめる側にタレこむことになり、ますますひどいいじめに発展する事も考えられます。

証拠5 映像や画像の記録を残す

証拠としてもっとも重要となるICレコーダー・カメラ撮影・ビデオ撮影でいじめの現場を押えたいのですが、学校内に侵入して撮影をする訳にもいかずいつ行われるかも判らないため非常に難しい作業になります。もしあらかじめ子供が協力してくれるようであれば、加害者を誘導して撮影可能な場所に移動するという手が使える可能性もあります。

証拠6 ネット上の証拠の収集

メールや掲示板への投稿などでいじめを受けていた場合、それらの電磁記録を保存することになります。また、名誉毀損・不正アクセス・電磁記録改ざん事件の証拠保全として裁判所からサーバーに情報開示命令を出してもらうことで加害相手を特定する事もできます。


「証拠能力」のあるストーカーの証拠とは

証拠1 文章の記録を残す

被害記録ノートを作り、日時、場所、相手、被害の内容、同席者、ケガの具合、を克明に記録します。また、中期、長期的なストーカー行為による体調や精神状態の変化も記録します。その際に曖昧な表現や誇張された表現は使わず、客観的に見た事実をそのままに書き込む事で記録ノートの信憑性があがります。

証拠2 証拠の現物の保管

汚されたり壊された物を現物で残しておき、時間が経つと棄損するような証拠は写真撮影し摘録しておきます。記録は写真だけでなく具体的な状況説明をしたメモを添付する事で証拠の信憑性が挙がります。

証拠3 病院の診断書

怪我をした場合は、被害の程度に限らず病院の診断書を取り領収書を取りましょう。医師に対しても具体的にどのような暴行を受けたかを説明し、怪我の原因となった暴行についても診断書に書いてもらいましょう。

証拠4 周囲の証言

周囲の友人や関係者から証言を引き出すのですが、ストーカーに近いポジションにいる関係者に聞き出すと、その事をストーカー側にタレこむことになり、激しいストーカー行為に発展する事も考えられます。

証拠5 映像や画像の記録を残す

証拠としてもっとも重要となるICレコーダー・カメラ撮影・ビデオ撮影でストーカーの現場を押えたいのですが、いつどこから現れるか判らない相手だと個人での撮影は難しくなります。監視カメラを設置したり、友人に撮影をお願いしたり、または探偵や警察にお願いすると良いでしょう。

嫌がらせ調査 お問合せ